ウェブショップにはまってキャッシング

わたくしは10ご時世以外仕事母親をしていますが、以前そういう生活にも飽き飽きしてい陣間がありました。
しかし出先に効用に行くこともできず唯一扇動の攻略ができるのがウェブ買物でした。
服にコスメ、建物の太陽器具まであるゆるものを買っていました。

勿論こんな人生を続けているうちに私のおこづかいは下をつきましたがそれでもウェブ買物が閉められず、しばらくして資金を負債するようになりました。
初めは3万円だけと決め借入ましたが、専ら取りやめる意図も無く5万10万どんどんと負債するようになり、ぱっぱと30万円借入ていました。
勿論働いていないので引き戻す目論見はなくその30万はどんどんと増えていきました。

さすがにこれではまずいと私も目が覚めその日先ウェブストアで購入することを閉め、住まいワークを始めました。
一家のミドル、パソコンのディスプレイに向かってできるだけカタカタとキーボードを打っていました。
そこから少しずつですが月々その30万を消費していってます。

たまたま負債のことは父親にばれることはありませんでしたが、勝手に借入たため引け目が色々だ。
負債はもう計画的にしようと思いました。

あたいはのカード貸出に買い換えました

銀行のエーティーエムカーブでカード貸出の図書が眼に留まりました。なんとなく読んで見る予定になって自宅に持ち帰りました。今まで長くレイクのカード貸出を愛用していたのですが、事務所の収益が円安で厳しくなりサプライも賞与も収まることになって同時に根性がブルーになっていました。レイクの利子は厳しいのを承知しているものの、心の隅っこでは高すぎる、尚更低い金利のカード貸出はないのだろうかと思っていました。  

貰ってきた図書を見ますと金利の差があまりにも広いのに愕然としました。私の借入れ残金は普通に100万円そばだ。100万円の借入れ利子を見ますと年利12.8パーセントだ。現在借り入れておるより5パーセント周囲少ないのです。100万円で通年5パーセント乏しいことは5万円儲かると言うことだ。  

すっとその銀行のホームペイジを変わり、申し込みをしました。借入れ限度額を200万円としましたので公式サラリー証明書を取り去りに市役所へ行きました。後日銀行から届いた資料に記入し、絶対資料と共に返送しました。銀行からどうにもクエスチョンも無く、3日後に省略書留で貸出カードが送られてきました。その日のうちに100万円支払してレイクに支出しました。  

5パーセントも安い金利のカード貸出に切りかえることができたので満足しています。

キャッシングの弁済で経験した出来事

我々がまだまだ若々しい位、サラ金で負債したことがあります。

理由は当時流行っていた知り合いビジネスで有償になったからだ。

その位は、周囲に甚だ知り合いビジネスをしていた自身が手広く、ビジネスをするのにもからきし抵抗がありませんでした。
軽い気持ちでやっていましたが、うまくいく筈が無く、直ちに備蓄も下をつき、有償になりました。

親や周辺にも言えず、ビジネスを紹介してくれた自身にネゴシエーションしたところ、「皆さん借りてるから大丈夫だよ」と弱く言われ、
プロミスを紹介されました。

今ではサラ金は、当たり前のようにアピールが巡り、浸透していますが、依然その当時は「サラ金」の先入観が強く
そんなところで負債をしたら大変なことになる!と果てしなく借り入れるのに抵抗がありました。
しかし他に借り入れる当てもなく、しょうがなく借りることになりました。

単価は50万ほど借りました。
検討には思った以上に簡単にとおりました。
しかし、引き戻すのにとてつもなく苦労しました。

その時は、パートタイマーもしていたのですが、月収も少ないです。
一所懸命返してるのですが、利息がほんとに激しく、へそくりがなかなか収まりませんでした。
返すのが遅れると、仕事場に電話がかかってきたり行う。

セーフティ返し終わりましたが、もはやもう一度借り受けることはありません。

キャッシング、返済に行き詰る前に債務整理を

キャッシングで債務を膨らませてしまう人の中で一番多いパターンは、生活費が足り無いのでキャッシングをして返済をする、その月の生活費が足りなくなるのでまたキャッシングをするといった事を繰り返すパターンです。何故この様な事になるのかと言うと、生活費が足り無いのに、その生活費を充当する為にお金を借りたら、来月はその利息分を合わせて足りなくなるからです。雪だるま式ですね。でも借り換えれば何とか月々の返済は出来ているよと言った状態が一番危険です。もし、あなたが月々3万円返済してるが、2万円新規に借り入れないと月々のお金が回ら無い状態なら、専門家に相談して債務整理の道を考えましょう。

債務整理とは、

・自己破産

・個人再生

・任意整理

の3つありますが、最もポピュラーなのは自己破産です。個人再生と共に自己破産は裁判所への申立をして、この人はもう借金返せ無いなので許してあげなさいと言うのが自己破産と個人再生になります。マラソンで途中でギブアップするのに似てます。対して任意整理は、裁判所を通さずに元本は返すので金利引き下げなどを業者に求める事です。マラソンで歩いて完走する様なものですね。

同じ借金が無くなる、返済するでも、債務整理後の本人の気の持ち方が全然違います。ただし、任意整理は借金の額が大きいとでき無い事があります。返済に新たな借入をしている場合は危険な兆候ですので、早めに専門家に見てもらったほうがいいでしょう。

キャッシングの審査の本人確認とは

キャッシングを申し込んだ場合、まずは審査が行われ、審査に通ったならお金を融資してもらえます。そして、この審査の際に行われることの一つに、本人確認、と呼ばれるものがあります。では、この本人確認では、どのようなことが行われるのでしょうか。

これは、その名の通り、申し込み者が申し込み書に住所、氏名等が記されている本人に相違ないかどうかを確認するために行われるものです。そして、申し込み者が持って来た身分証明書と申し込み書の内容を比較することによって行われます。

この身分証明書として有効なのは、運転免許証や健康保険証で、パスポートでも大丈夫です。ですから、キャッシングの申し込みに行く時には、これらの身分証明書となる書類のうち一点を、忘れずに持参しましょう。そして、申し込み書には、提出する身分証明書と同じ内容の情報を正確に記入するようにしましょう。内容が正確であれば、本人確認で落とされることはありませんので、落ち着いていれば大丈夫ですよ。

返済がラクになる、おまとめローン

カードローンやキャッシングなどお金を借りるのは非常に便利なのですが、使いすぎてしまうと返済がきつくなってきます。

大きなお金を借りている場合には、基本的にリボ払いで返済を続けることになりますが、複数の会社でお金を借りていると、それぞれの会社に対してベースとなる返済額がどんどん上乗せされていきますから、キャッシング会社の利用数が多いほど返済は厳しくなっていきます。

もし、いま利用しているキャッシングの金額の合計が100万円を超えるのであれば「おまとめローン」を利用すると非常に返済が楽になります。

このおまとめローンと言うのは、簡単に言うと複数のキャッシングの利用額を一つの会社にまとめてしまって、返済を続けるという方法です。そしてなぜ100万円が利用のボーダーラインなのかというと、金利が100万円を超えた段階で安くなるからです。

そのため、複数の会社を掛け持ちしながら大金を借りている状態よりも、同じ金額を一つの会社の契約によって借りるように手続きをしてしまえば、毎月の返済は一気に少なくなって生活が楽になります。

少額の利用なのであれば利便性を考えると複数の会社を掛け持ちしても良いかもしれませんが、返済が苦しいと感じるようであれば、おまとめローンを利用しましょう。

キャッシングの審査で重要な事項

キャッシングの申込をすると金融業者側はその人に対して融資をしても大丈夫かどうか審査をすることになります。なぜならもし申込者に返済能力がなければ回収することができなくなってしまい、業者側が損失を受けてしまうからです。そのようなことからキャッシングをするためにはある程度の条件を満たす必要があります。

そこで消費者金融などお金を借りることができる金融業者の審査に通過するためにはどのようなことが重要になるのかというとまずその人の年収、仕事内容、勤務先、勤続年数です。この中でも特に勤続年数が重要になってきます。なぜなら入社したばかりの人だとすぐに退職してしまう可能性があるからです。そのようなことから基本的に勤続年数は1年以上が必要となります。

それから業者側は人に対して融資をする場合、その人に対する信用力も重要視しています。そのため以前に借入をして延滞履歴があるような場合はかなり不利な扱いを受けてしまいます。また借金整理をした経験のある人は一定の期間の間は審査に通過できません。

おまとめローンを利用して複数の契約を一つにまとめる

複数のカードローンを利用してる場合は、おまとめローンの利用を検討することも必要です。複数のカードローンを利用していると、カードローンごとに契約内容が異なりますので、債務の管理が煩雑になってしまいます。金利や借入残高がそれぞれ異なれば、最終的にどれだけの金額を支払って、いつ完済出来るのかと言うことも分かり難いです。また契約ごとに約定返済日が異なれば、一ヶ月の内に何回も返済処理を行わなければいけません。

その様な場合におまとめローンを利用すれば、債務の管理も簡単に出来ますし、返済処理も一回で済ますことが出来ます。また現在適用されている金利よりも低い金利でおまとめローンを利用出来れば、返済負担を軽減させることが可能です。

おまとめローンを利用する際には、月々の元本の返済額も変更することが出来ます。月々の元本の返済額を低く見直しすることが出来れば、返済負担を抑えることが出来ますので、消費者にとっては大きなメリットとなります。しかし元本の返済額を変更する際には注意が必要です。元本の返済額を低くすれば、それだけ完済までの期間が長くなりますので、借り換え前よりも延びた期間の利息負担が新たに発生してしまいます。低い金利のおまとめローンを契約出来て、利息負担を減少出来たとしても、返済期間が長くなってしまえば逆に利息負担が増えてしまう恐れもあります。ですので、おまとめローンを利用する際には、必ず事前に返済シミュレーションを行うことが大切です。

キャッシングを申し込んだときの本人確認

銀行カードローンを即日で利用するポイント
http://www.ecoss30.org/

キャッシングを申し込むと必ず本人確認(在籍確認)があります。これは申込者が間違いなく勤務先に在籍しているかどうかを、電話をかけて確認するものです。

勤務先に電話をかけられることで不安に思う人もいるかと思いますが、このとき業者は絶対に会社名を名乗らず個人名でかけますので、社内の人にキャッシングしようとしているとばれることはありません。本人が席を外しているときも、営業などで外に出ているとか、今日だけ休みを取っていて明日には出てくるのかわかりさえすればそれ以上のことを会社の人に聞いてくることはありません。こういう確認をするのは、申込者の中には退職したり勤めていない会社名を記入する人もいるからです。業者によっては、本人が電話に出た際に住所や生年月日を聞かれる場合もあるようです。

職場によっては、こういった電話でも社内の人に疑念を抱かれる場合もあるかもしれません。そのときは、あらかじめ社内の人に「クレジットカードの在籍確認の電話があるかもしれない」と言っておいたほうがいいかもしれません。

それでも心配だという人は、電話確認が必要ない業者もあります。電話の代わりに提出書類で確認してくれます。運転免許証や健康保険証、源泉徴収票か直近(2か月)の給与明細などの書類が必要となります。

総量規制対象外の銀行カードローンのメリットとデメリット

銀行のカードローンは総量規制対象外になっている為、消費者金融を利用する場合よりも多額の融資が受けられる可能性も充分に考えられます。

銀行の審査では収入状況や他社からの債務状況、居住形態等の情報によって融資額などが決定されます。その為、高額な収入を得ている方や他社からの債務がない方などの場合は、消費者金融で規制されている融資限度額以上の融資を受けられることもあるのです。もともと、銀行カードローンは最大融資額が消費者金融よりも高額になっていることが多くなっています。収入などの条件が優れていれば、高額な融資を受けやすい性質を持っていると言って良いでしょう。

収入に対して高額な融資を受けたい場合は、総量規制対象外の銀行カードローンを利用することが最も効果的です。しかし、銀行カードローンを利用して多額の融資を受ける場合には、注意しておきたい点があることも否定はできません。

消費者金融では総量規制によって借りられる金額が制限される為、返済負担が大きくなり過ぎるのを防ぐことが可能です。ところが銀行カードローンでは思いのほか高額な融資が受けられてしまうケースもあり、返済負担が大きくなってしまう可能性も出てきてしまいます。銀行カードローンには総量規制対象外というメリットがありますが、これがデメリットとなり得る点にはきちんと注意しておきたいものです。